Windows Subsystem for Linuxからの起動が可能になった「Atom」最新版

GitHubは2017年6月13日(現地時間)、開発者に人気のテキストエディター「Atom」をバージョン1.18に更新したことを、公式ブログで明らかにした。GitおよびGitHubとの統合を実現している。

バージョン1.18ではGitおよびGitHubを統合した(公式ブログより抜粋)

RubyやPHPでも採用している正規表現ライブラリ「鬼車」をキャッシュすることで、長い行を含むファイルをトークン化処理の高速化や、WSL(Windows Subsystem for Linux)からの起動が可能になった。その他にも直前のセッションを復元するオプションや、検索および置換の表示に関するオプションの追加、予測変換を行うautocomplete-htmlの改善が加わっている。

WSL上のBashからAtomを起動した状態

GitHubは同じタイミングでバージョン1.19ベータ版もリリースした。Atomの根幹部分にあたるテキストバッファーをC++で実装し、メモリーの使用量を軽減する。また、パフォーマンス向上やコードの簡素化を目的に、レンダリングレイヤーも刷新した。

阿久津良和(Cactus)

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事