伊藤忠、今月より金曜日に「脱スーツ・デー」を実施

伊藤忠商事は6月14日、今年6月より金曜日に「脱スーツ・デー」を実施すると発表した。1995年より、金曜日はカジュアルウェアで仕事をする「カジュアルフライデー」としてきたが、「カジュアルフライデー」という言葉自体が使われなくなってきた中、新たな金曜日の装いを社員に推奨する。

「脱スーツ・デー」のコンセプト

「脱スーツ・デー」の一環として、今月より社員男女10名を募り、伊勢丹新宿本店の協力の下、社員1名につきスタイリスト(販売員)1名が専属で付きトータルコーディネートを行うプログラムを実施する。

その後も秋物、冬物、春物とシーズンに合わせて、同プログラムを実施する予定。

そのほか、社員向けの階層別研修においてドレスマナーや社員のTPO全般に関わる講義も実施し、社員への啓蒙を図る。

同社は朝型勤務や健康経営などを中心に働き方改革を推進してきたが、今回の取り組みも働き方改革の一手と位置づけているという。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事