JR東日本「NO.DO.KA」使用「上越線てつしょっぷ」車内で鉄道グッズなど販売

JR東日本新潟支社は13日、全国的にも珍しいという展望カーペット列車「NO.DO.KA」を使用し、車内で鉄道グッズ(廃用部品)の特別販売を行う旅行商品専用列車「上越線てつしょっぷ」を運転すると発表した。7月16日に新潟~水上間で1往復運転され、国鉄時代の車両に搭載された部品をはじめ、鉄道にまつわるグッズが車内で販売される。

「NO.DO.KA」の車内で鉄道グッズ(廃用部品)を特別販売する旅行商品専用列車「上越線てつしょっぷ」を7月16日に運転

旅行商品専用列車「上越線てつしょっぷ」の運転時刻は往路が新潟駅8時3分発・水上駅10時54分着、復路が水上駅14時20分発・新潟駅17時47分着となる予定。3両編成の「NO.DO.KA」を全車指定席で運転し、中間車の2号車に物販スペースが設置される。

車内で特別に販売される鉄道グッズ(廃用部品)として、国鉄時代からJR発足後にかけて使用された乗車口案内板や115系側引戸銘板、乗務員とともに時を刻んだ懐中時計などを予定している(当日発売されるグッズは変更される場合あり)。購入順序は新潟駅を発車した後に行う抽選で決定する。1人あたりの購入点数・購入時間は制限があり、精算は現金のみとのこと。

この列車に乗車できる旅行商品「『上越線てつしょっぷ』日帰りパック」(びゅう予約センター新潟申込専用商品)は6月15日14時から電話予約を開始する。「NO.DO.KA」往復と「JRおいでちゃんチケット」(水上の契約施設で利用できる1,000円分のクーポン券)のセットで、新潟駅発着の旅行代金は大人8,000円・こども4,700円となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事