ソニー、スマホと連携して好みのデザインに着せ替えられる腕時計発売

ソニーは、電子ペーパー搭載のディスプレイウォッチ「FES Watch」の第2弾商品、「FES Watch U (フェスウォッチ ユー)」の正式販売を開始した。販売店舗は同社の運営するFashion Entertainments Webサイトにて確認できる。価格はプレミアムブラックが6万円、シルバーとホワイトが4万6,000円(税別)

薄く、軽く、曲げられる腕時計形状のアクティブマトリクス型フレキシブル電子ペーパーが組み込まれている

12種類のデザインがプリインストールされている

FES Watch Uは、ボタンを押すと文字盤とベルトのデザインを切り替えられ、自分好みにデザインをアレンジできる腕時計。アナログ、デジタル、日付・曜日など12種類の文字盤とベルトのデザインがプリインストールされており、その日の服装や気分、シチュエーションに応じて、ボタンひとつで簡単にデザインの着せ替えを楽しむことができる。

本体カラーは、プレミアムブラック、シルバー、ホワイトの3色。プレミアムブラックモデルは、風防に反射防止加工を施したサファイアガラスを採用。また、ケース部分の表面には、チタン化合物をコーティングしたイオンプレーティング処理を施し、ファッション性と耐傷性の高さを両立したとのこと。同製品は、同社の新規事業創出プログラムから生まれたFashion Entertainmentsプロジェクトによる商品で、2016年8月~10月に、同社が運営するクラウドファンディングとEコマースのサイト「First Flight」にてクラウドファンディングを実施し、今回正式販売を開始した。

同製品は、プリインストールされたデザインに加え、専用のスマートフォンアプリケーション「FES Closet(フェス クローゼット)」と連携することで、スマートフォンでその場で撮影した写真や、スマートフォン内のライブラリ画像を取り込むなどして、オリジナルのデザインを作成できる機能を搭載。旅先の風景や家族、ペット、自身の作品など、様々なイメージをアプリ上でレイアウトし、同製品の文字盤とベルトに表示することができる。

また、同アプリを通じて、GASIUS、HOMEWORK、MIKITYPE、YOSHIROTTENなど、国内外の個性豊かなクリエイターとのコラボレーションによるデザインを無料ダウンロードすることも可能。クリエイターによるオリジナルデザインは順次追加が予定されており、7月以降のコラボレーションクリエイターは、イラストレーターの長場雄氏およびエドツワキ氏、ファッションブランドJULIUS デザイナーの堀川達郎氏、ファッションブランドFULL BKデザイナーのDJ DARUMA氏、ほか3名が予定されている。

なお同社は、 “TOKYO MONOCHROME(トーキョー モノクローム)”と題した期間限定のキャンペーンを2018年3月31日まで開催している。東京から世界に挑んでいるクリエイター10名とのコラボレーションにより、色彩にあふれた都市・日常を「モノクロ」で描写するという表現スタイル、カルチャーを提案していくという。コラボレーション第一弾として、アートディレクターの井上嗣也氏、ファッションブランドANREALAGEのデザイナーの森永邦彦氏、書道家の万美氏のオリジナルデザインが、「FES Closet」から無料でダウンロードできる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事