トヨタ「ハリアー」マイナーチェンジ! 2.0Lターボエンジン採用 - 画像36枚

トヨタ自動車は8日、高級クロスオーバーSUV「ハリアー」をマイナーチェンジして発売した。2.0L直噴ターボエンジンを新採用し、進化した都会的なエクステリアと"本物"を追求したインテリアを実現。衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」など安全装備が充実し、上級パッケージ「Metal and Leather Package」も新設定された。

トヨタ「ハリアー PROGRESS "Metal and Leather Package"」

2.0L直噴ターボエンジン(8AR-FTS)搭載車は「ELEGANCE」「PREMIUM」「PROGRESS」の3グレードそれぞれに用意。上級パッケージ「Metal and Leather Package」は「PREMIUM」「PROGRESS」に設定された。3つのグレードには2.0Lガソリンエンジン(3ZR-FAE)搭載車とハイブリッド車(2AR-FXE + E-Four)も用意されている。

2.0L直噴ターボエンジンは、ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大した「Dual VVT-i(吸気側VVT-iW)」を組み合わせるとともに、最適な燃焼効率を実現する直噴技術「D-4ST」を採用することで、低回転域から強大なトルクを発生させ、なめらかで爽快な加速フィーリングを実現。トランスミッションには「6 Super ECT」を搭載するとともに、マニュアル感覚のシフト操作が楽しめるシーケンシャルシフトマチックを採用し、すばやい変速とスムーズな加速が楽しめる。

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備とし、シフトレバー操作と連動して作動と解除を自動的に行う「電動パーキングブレーキ」の設定、渋滞や信号待ちなどでブレーキを踏んで停車した時にブレーキを保持できる「ブレーキホールド」の設定、駐車時や低速取り回し時における踏み間違いをフォローする「インテリジェントクリアランスソナー」の機能強化などが行われた。「T-Connect SDナビゲーションシステム」のディスプレイ拡大や、パワーバックドアに予約ロック機能を追加するなど、快適装備も充実した。

マイナーチェンジした「ハリアー」の価格は294万9,480~495万3,960円(税込)。

マイナーチェンジした「ハリアー」の外観・車内イメージ

関連キーワード

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事