「終末のハーレム」火野恭司の1日を描く特別編がヤンジャンに

「終末のハーレム」3巻

本日6月8日に発売された週刊ヤングジャンプ28号(集英社)には、LINK原作による宵野コタロー「終末のハーレム」が特別編「火野恭司の華麗なる一日」で登場している。

「終末のハーレム」は、ウイルスにより99.9%の男性が死滅し50億人の女性が生きる世界を舞台に、人類滅亡を防ぐため、世界に残された女性たちとの子作りを要求された青年たちを軸にしたエロティックサスペンス。「火野恭司の華麗なる一日」ではウイルスに抵抗力を持つ男性の1人、火野恭司が普段どのような1日を送っているのかを描いている。

このほか今号には秋本治によるシリーズ連載「ファインダー―京都女学院物語―」の第2話も掲載された。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事