トレエン斎藤、フジ新人久慈暁子アナに交際誘う「第2のヤマサキパンに…」

お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司が8日、東京・台場のフジテレビ本社で行われた、同局の夏イベント「お台場みんなの夢大陸2017」(7月15日~8月31日、東京・お台場、青海地区)の制作発表会見に出席。新人の久慈暁子アナウンサーに「第2のヤマサキパンに…」と、交際を求めた。

トレンディエンジェルの斎藤司(左)とフジテレビ新人の久慈暁子アナ

トレエンの斎藤は、ジャングルポケットの斉藤慎二、渡辺直美とともに、同イベントのナビゲーターに就任。ここで"サイトウかぶり"が発生してしまい、両者が「サイトウさんだぞ!」と競い合う謎展開が繰り広げられた。

そんな中、「みんなの夢大陸PR隊」を務める新人の久慈アナに「どちらのサイトウがタイプか?」と質問すると、久慈アナは「どちらも好きですけど、本家(斎藤さんだそ!)の斎藤さんが好きです」と答え、トレエン斎藤は「やった!やった!」と大はしゃぎ。その勢いで、「ちょっと付き合ってみますか? 第2のヤマサキパンに…」と、モノマネ芸人・おばたのお兄さんとの熱愛が発覚した先輩の山崎夕貴アナに習うよう誘っていた。

会見の司会を務めた佐野瑞樹アナは「司会は時節柄、山崎夕貴アナウンサーが良いじゃないかとか、(NHKの桑子真帆アナと結婚した)谷岡慎一アナウンサーが良いんじゃないかという話もあったんですけど…」と、冒頭から後輩アナのイジりモード全開。

同僚の生野陽子アナを妻に持つ中村光宏アナが「太鼓を叩いてるときは、妻がカッコイイと言ってくれるので、頑張りたいです」とノロけると「そんな話はしなくていいのに」とバッサリだった一方、こちらは同僚の秋元優里アナと離婚協議中の生田竜聖アナがあいさつを終えると、「生田は大丈夫ですね。さっ、続いては…」と、わざわざ触れて遠回しにイジっていた。

毎年恒例の同イベントだが、今年はフジテレビ本社の台場移転20周年を記念した感謝祭として開催。入社3年目の宮司愛海アナ、2年目の永尾亜子アナ、新人の海老原優香・久慈暁子アナの4人が「みんなの夢大陸PR隊」に就任し、渡辺和洋・倉田大誠・中村光宏・榎並大二郎・谷岡慎一・生田竜聖・酒主義久・大村晟・内野泰輔・藤井弘輝という男性アナが「オマツリ男アナ10人衆」として盛り上げる。

(前列左から)永尾亜子アナ、久慈暁子アナ、斎藤司、渡辺直美、斉藤慎二、海老原優香アナ、宮司愛海アナ / (後列左から) 藤井弘輝アナ、大村晟アナ、中村光宏アナ、渡辺和洋アナ、倉田大誠アナ、生田竜聖アナ、内野泰輔アナ

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事