山本美月、ピンクの肩出し衣装で登場 - セーラー服カットに「恥ずかしい」

女優の山本美月が20日、都内で行われた映画『ピーチガール』(5月20日公開)公開初日舞台あいさつに、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、真剣佑、永野芽郁、神徳幸治監督とともに登場した。

山本美月

原作は累計発行部数1,300万部を超える同名の少女漫画で、人気漫画家・上田美和の代表作。日焼けした肌と赤い髪のせいで周囲から「遊んでいる」と誤解されてしまうが、誰よりも純粋な女子高生・安達ももを山本、ももに興味を持つ学校一のモテ男・岡安浬(カイリ)を伊野尾が演じる。

作品のタイトルに合わせ、それぞれピンクを取り入れた衣装で登場した出演者陣。伊野尾とW主演を務めた山本は、ヌーティーなピンクの肩出し衣装で現れ、デコルテや背中を清楚かつ大胆に見せた。

撮影中の話を聞かれた山本は「中学生時代を撮ったんですけど、カットされました! 私とマッケンが回想で、中学時代を撮ったんですよ。あとで監督に聞いたら『さすがに無理だった』って」とエピソードを披露。現在25歳の山本は「そりゃそうだって。なんで気づかなかったんだろう」と後悔しながら、「あれがないって気付いた時の切なさといったらね。うわ~恥ずかしい!」と悶えていた。

伊野尾が「ごめんなさい、私は中学時代残ってます」と申告すると、山本は「あ~ずるい! 私はもうアウトでした」と悔しがる。しかし、永野が「セーラー服着てる山本さんを見て、めっちゃかわいいって撮ってました」と言うと「優しい~」と喜び、観客のあたたかい反応に「みんなが優しい~」と嬉しがっていた。

最後に山本は「1年間みんなで育ててきた『ピーチガール』という映画が、これからみなさんのものになって、これからみなさんが大切に大切に育ててくださったら本当に嬉しいなと思います」と真摯に語りかけた。山本が「なんかもう、嬉しくて泣きそうなんですけど」と瞳を潤ませ、「かわいがってやってください。ピーチガール、よろしくお願いします」と頭を下げると、会場からは包み込むような拍手が沸き起こっていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事