森泉、高校時代はアメリカの"ド田舎" - 子豚を育て「すごい働かされた」

タレントの森泉が、きょう20日に放送されるカンテレのバラエティ番組『おかべろ』(毎週土曜14:24~14:54、関西ローカル)にゲスト出演し、意外な学生時代を明かす。

『おかべろ』に出演する森泉=カンテレ提供

テレビ局近くの飲食店へ収録の合間に訪れる有名人に、ナインティナインの岡村隆史と、店主のロンドンブーツ1号2号・田村亮が質問をぶつけていくという設定の同番組。世界的デザイナー・森英恵の孫でセレブファミリーの森だが、高校時代はアメリカの「ド田舎」で過ごしたと言い、学校で子豚を育て「すごい働かされた」と振り返る。

森は、DIY(日曜大工)が得意で、母親が自宅の壁色を塗り替えるなどしていたこともあり、自然と自分でも試すようになったそう。今ではペットのために別荘を作るほどの腕前だが、別荘の話が出ると、岡村はDIYそっちのけで「(別荘は)賃貸なの?」と森に質問。森は「賃貸なワケないじゃん!」とセレブ回答を見せつけ、亮から「賃貸の方があるんだよ!」と苦笑いされる。

また、ナマケモノ、ブタ、中国犬といった珍しい動物たちを飼っていると紹介。それを聞いた岡村は「なんかチョイスが変!」と驚きつつ、「『ペットを飼うと婚期が遅れる』と言われた」と、飼わない主義であることを強調するが、森は負けじと「だからペットを飼っていない人はダメ」と言い、「岡ちゃんのためにオススメのペットを連れてきた!」と、爬虫類ペット用意する。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事