右ひざ手術から2カ月、長谷部がランニングを再開「嬉しいな」

3月から負傷離脱しているフランクフルトMF長谷部誠 [写真]=Getty Images

 フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠が19日、右ひざ手術後初のランニングを行ったことを、自身のインスタグラム(@makoto_hasebe_official)で報告した。

 長谷部は3月11日に行われたブンデスリーガ第24節のバイエルン戦でクリアの際にゴールポストに激突し、左すねを6針縫合するケガを負ったが、さらにその後に右ひざの負傷も発覚。同22日に日本で内視鏡による右ひざ関節の手術を受け、離脱を強いられていた。

 ドイツでリハビリを続ける同選手は負傷から約2カ月後の今月19日にランニングをする姿をインスタグラムで公開。ハッシュタグで「やっと走り始めました」、「約2か月ぶり」、「嬉しいな」と付け、復帰へ前進した喜びを明かしている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事