[宮崎駿監督]引退撤回 長編アニメ映画製作へ本格始動

宮崎駿監督

 2013年に長編アニメーション映画の製作の“引退宣言”をした宮崎駿監督が、引退を撤回し長編アニメの製作を本格始動したことが19日、分かった。スタジオジブリが公式サイトで長編アニメを製作するための新人スタッフの募集をスタートし「宮崎監督は『引退撤回』を決断し、長編アニメーション映画の制作を決めました。作るに値する題材を見出したからにほかなりません」としている。

 募集している職種は動画や背景美術で、契約期間は10月1日からの3年間。性別・国籍は問わず、6カ月の研修期間を経て、一定のレベルに達したのちに製作に加わる形で、新人育成を前提にしているという。

 公式サイトでは宮崎監督について「年齢的には、今度こそ、本当に最後の監督作品になるでしょう」とし、「この映画制作完遂のために、若い力を貸して下さい」と呼びかけている。 


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事