通信費削減の鉄板だけど……SIMフリースマホ、利用経験者はかなり少なめに

MMDLaboは5月18日、MMD研究所にて実施した「2017年SIMフリースマートフォン購入者調査」の結果を発表した。調査期間は3月10日~24日、対象は15歳以上の個人。

SIMフリースマホの認知度は79.0%

回答者全員(3万6,692人)にSIMフリースマートフォンについて考えに近いものを尋ねたところ、「名前だけは聞いたことがある」が34.7%と最も多く、以下、「大体どんなものかわかる」が23.8%、「全くわからない」が21.0%と続いた。調査結果をまとめると、SIMフリースマートフォンの「認知」は79.0%、「内容理解」は44.3%、「利用検討」は20.5%、「現在利用」は9.2%となった。

男女比をみると、「認知」については男性が53.6%、女性が46.4%とほぼ同じ割合に。一方、「内容理解」は男性が64.0%、女性が36.0%、「利用経験」は男性が65.0%、女性が35.0%と、両者の間に差がみられた。

続いてSIMフリースマートフォンを利用している1,036人に「現在利用しているSIMフリースマートフォン」をメーカー別に聞いたところ、「Apple」が25.1%でトップ。次いで「ASUS」が13.0%、「HUAWEI」が12.5%、「富士通」が8.9%、「FREETEL」が5.7%となった。

現在利用しているSIMフリースマートフォン(メーカー)(出典:MMDLabo Webサイト)

シリーズ別では、「iPhone SE」が8.1%で最多となり、以下、「iPhone 5s/5c」が5.3%、「iPhone 7/7 Plus」が5.2%、「arrows M02」が4.7%、「HUAWEI P9 lite」が4.2%と続いた。

現在利用しているSIMフリースマートフォン(シリーズ別)(出典:MMDLabo Webサイト)

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事