山崎育三郎の「人生を変えた作品」が再演! 3度目ヴォルフガングに気合十分

俳優の山崎育三郎(31)が2010年・2014年に主演を務めたミュージカル『モーツァルト!』が、2018年5月と6月に東京・帝国劇場で再演されることが19日、明らかになった。

2018年に再演されることが決まったミュージカル『モーツァルト!』

3度目のヴォルフガング・モーツァルト役を演じることに、「初めて主演として帝国劇場に立たせていただいた、忘れることのできない大切な作品です。この作品が僕の人生の転機となりました」と感慨深げな山崎。「この作品が僕の人生の転機となりました」という言葉からも、俳優として重要な意味を持つ作品のようだ。

また、「様々な活動にチャレンジさせて頂いている今、再びヴォルフガングとして帝国劇場の舞台に立てることを光栄に思います」と喜びも口にし、「『ありのままの僕を愛して欲しい』ヴォルフガングの壮絶な人生を、是非劇場で体感して下さい」と気合をみなぎらせる。自身のインスタグラムでも再演を報告すると共に、「人生を変えた作品」ともつづっている。

モーツァルトの父・レオポルト役には市村正親、ヴォルフガングの才能を独占しようとするコロレド大司教役には山口祐一郎のほか、4年の歳月を経て新たなキャストも加わる。

写真提供:東宝演劇部

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事