塩で食べるジンギスカンの新形態。さっぱりといただけます!

北海道塩ジンギスカン 名前はまだ無い。

ジンギスカンと言えば、醤油ベースのたれが一般的です。でも、塩で食べるジンギスカンのお店があると聞いて、俄然興味が湧きました。しかも、完全予約制なのだとか。そういう限定ものに弱い女子としては、行くしかない!満を持して予約して行って参りました。

昼はラーメン店、夜は完全予約制のジンギスカン店に

 お店の前に立つと、まず「海老麺 地元家」という看板が。「え?ここ、ジンギスカンのお店じゃないの?」と思ったら、実は、昼間は「海老麺」で人気のラーメン店、夜は完全予約制の塩ジンギスカンの店「名前はまだ無い。」(←これが店名です)として昼夜別の営業形態を取っているのだとか。なるほど~、これはますます興味深いですね。  メインは、もちろん塩ジンギスカン。そのほか、ラムチョップや季節の焼き野菜各種、キムチと道産モッツァレラチーズのホイル焼きなど、それほどメニュー数は多くありませんが、それはもちろんジンギスカンを食べ尽くすため!でしょう。  おすすめの「特選函館塩ネギジンギスカン」は、塩だれに付け込んだネギが肉にトッピングされています。焼くときはネギをよけて焼いてから、ネギを載せて食べるのがセオリーなのだそうです。おおっ!これは、ネギ塩だれが肉をさっぱりとさせてくれて、いくらでもいっちゃえるタイプです。焼き野菜などもいただきながら、パクパク…。塩ジンギスカン、オススメです。そうそう、お腹に余裕があれば、昼のメニュー「海老麺」もいただけますよ。


本記事は「マイナビトラベル」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

新着記事