何個でも食べられる!? 秋田が誇る老舗の銘菓「金萬」

金萬本舗 公営駐車場店

全国には「あの県といえばこのお菓子」というものがいくつかありますが、秋田の「金萬」もそのひとつ。卵の入ったしっとりした白あんを、ふっくらとした生地で包んで焼き上げた素朴な味は、秋田っ子にも大人気。お土産にもぴったりの銘菓をご紹介します。

1個、もう1個と手が伸びる飽きの来ない銘菓の実力

自分ではなかなか買う機会はないけれど、お土産にいただくと嬉しいお菓子ってありますよね。秋田県民が誇る「金萬」もそのひとつ。カステラ生地に白あんを包んだ、いわゆる今川焼きや大判焼きと呼ばれるものを小ぶりにしたようなお菓子です。最近では、サンリオの人気キャラクターとのコラボ商品「ハローキティ金萬」も人気です。昭和26年創業の老舗「金萬本舗」が生み出したこのお菓子は、秋田ではテレビCMも流れるほどメジャー。CMにはいくつかバージョンがあるのですが「28個食べました」というのが決め台詞だそう。いくら美味しくても28個は大袈裟な!と思う人、多いですよね。でも食べてみればわかります。まず、赤ちゃんのほっぺのようにふわふわの生地からして違います。蜂蜜・卵を贅沢に使っているそうで、口に入れた途端とろけてしまいそう。さらに卵の入った舌ざわりのいい白あんも軽くて上品な甘さ。本当に、これなら何個でも食べられます。新幹線や駅の売店などでも販売しているのですが、こちらは真空パック入り(これも十分美味しいですが)。しかし、実は直営店でしか買えない特別な商品があるんです。それが「生」タイプ。こちらは賞味期限が3日と短いため、お土産には向いていないかもしれませんが、生地のフワフワモチモチ感が半端ではありません!ひとり出張だった私は「食べきれないかも」と思いつつ10個入りを購入ましたが、結局帰りの新幹線で完食してしまいました。美味しすぎて、危険すぎる金萬の生、秋田に行ったら食べないと損ですよ!


本記事は「マイナビトラベル」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

新着記事