NSWなど、東京・表参道でIoT利用のスマートごみ箱の実証実験

日本システムウエア(NSW)と分別回収コンサルタントのアートファクトリー玄は5月18日、スマートごみ箱「BigBelly Solar(ビッグベリーソーラー)」を商店街振興組合原宿表参道欅会に提供し、実証実験を開始した。

スマートごみ箱の設置状況と外観

同製品は、太陽光発電機能を備え、そのエネルギーによる通信機能を搭載することで、CO2を排出しない環境配慮型ごみ箱。IoT技術を利用し、携帯電話網を通じてごみの蓄積状況をリアルタイムで発信する機能により、収集頻度や人員配置、ごみ箱配置の最適化など収集作業を効率化し、コスト削減を実現するとしている。

今回の実証実験では、ごみ回収・リサイクルの課題解決に向けて、NSWとアートファクトリー玄が共同でBigBelly Solarを東京・表参道の歩道2カ所に設置。ごみ箱内部のセンサデータの収集・蓄積および、ごみ圧縮機能による大量ごみの臨時回収などの収集業務の最適化や、業務改善効果の検証、太陽光発電による連続稼働の検証を行う。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事