ロボアドバイザーによる資産運用サービス「THEO(テオ)」に自動積立機能が追加

ロボアドバイザーによる資産運用サービス「THEO(テオ)」を提供している企業・「お金のデザイン」は、同サービスに自動積立機能を追加したと発表した。

THEOは世界の約6,000種類以上のETF(上場投資信託)の中から利用者のニーズに合わせた最適なポートフォリオを導き出し、状況に応じて投資商品の組み替えまで自動で行ってくれるサービス。商品選定からポートフォリオのリバランスまでを一任できるため、細かく商品を検討する時間や売買する手間が必要ない。

今回新たに搭載されたTHEO積立は、定期的に指定の銀行口座からTHEOの口座へ自動で入金を行える機能だ。毎月定額を貯金に充てる積立預金ではなく、"積立投資"という選択肢として使うことができる。

また、ドルコスト平均法により、複数回に分けて購入することで、購入単価を平均化できるというメリットもある。

ドルコスト平均法のイメージ

入金から投資先の選定、リバランスまで、トータル的にお任せできるので、時間や知識がないと投資を敬遠していた人たちでも、始めやすいのではないだろうか。

運用開始に必要な最低金額は100,000円で、THEO積立は運用開始後から利用可能。積立金額は10,000円以上1,000円単位で設定できる。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事