ヤフー、プログラマティック広告領域を強化へ

ヤフーは5月18日、マーケティングソリューション事業において、プログラマティック広告領域の取り組みを強化していくことを発表した。広告取引プラットフォーム「Yahoo!アドエクスチェンジ」を通じて、広告出稿者および媒体社にとって、より質と信頼性の高い広告取引を実現していく。

同社によると、昨今、さまざまなアドテクノロジーの台頭により、インターネット広告取引の高速化が進行。点在していた広告枠がネットワーク化され、ターゲットした枠へ即時の入札・配信が可能なリアルタイム広告取引が拡大しているという。

そのような中、広告出稿側からは質の高い媒体枠がこれまで以上に求められるようになり、取引についても従来のオープンな入札から、限定された広告出稿者と媒体社間で取引が成立するプライベートマーケットプレイスなどの新しい取引形態に注目が集まっている。

一方、媒体社側はグローバル規模でより多くの広告出稿者に媒体枠を販売し、信頼性を担保しながら収益の最大化を目指している。

このような市場ニーズを受け、ヤフーはプログラマティック広告領域を強化し、より質と信頼性の高いインターネット広告取引を行う環境を提供する。

広告出稿者側は、ヤフーが提供する広告サービスまたはヤフー以外の第三者が提供する広告サービスを利用し、「Yahoo!アドエクスチェンジ」を通じて「Yahoo!アドパートナー」に参加する媒体社や他社SSP、アドエクスチェンジとの広告取引が可能に。さまざまなデバイス、フォーマットを買い付けることで、リーチできるオーディエンスが飛躍的に拡大する。

さらに「Yahoo!プライベートマーケットプレイス」との連携により、一部の広告出稿者に対して、ヤフーを含むプレミアムな媒体から最適な媒体枠を取引可能とし、これまで以上に柔軟な配信設計を実現。

また、「Yahoo!アドエクスチェンジ」では、ヤフーの広告サービスにおいてヤフーのマルチビッグデータを活用した高度な広告取引も可能となる。

媒体社側は、ヤフーの提供する「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」や「Yahoo!プレミアムDSP」に加え、「Yahoo!アドエクスチェンジ」を通じて国内外の主要なDSPにリアルタイムでアクセスが可能となり、媒体の収益性向上を実現することができる。

それに伴い、媒体社向けの収益化プログラムである「Yahoo!アドパートナー」は、ヤフーの提供する広告サービスだけでなく、「Yahoo!アドエクスチェンジ」経由でアクセス可能なすべての広告を対象に展開を行っていく。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事