宮川一朗太、生活苦で娘の学資保険使い込み…シングルファーザーの苦労吐露

俳優の宮川一朗太が、21日に放送されるテレビ朝日系バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(毎週日曜21:58~)に登場し、娘の学資保険を使い込んでしまったことを告白する。

『しくじり先生』に出演する宮川一朗太=テレビ朝日提供

17歳で俳優デビューした宮川は、映画『家族ゲーム』やドラマ『半沢直樹』などで活躍し、今年で芸歴34年目。プライベートでは12年前、15年連れ添った妻と離婚し、当時14歳と12歳という思春期の娘2人を引き取ってシングルファーザーとなった。

そこから孤軍奮闘したものの、宮川は「生活に困って娘の学資保険を使い込んでしまった」と、驚がくのしくじりを告白。そこで、「シングルファーザーになって子どもに迷惑をかけないための授業」を展開する。

授業では、宮川がシングルファーザーとして身を持って体験した苦労の数々を吐露。シングルファーザーになると待ち受けているという"4大落とし穴"を発表し、最後は、自身のしくじりをへて気づいたことを真摯に語りかけていく。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事