TVアニメ『カブキブ!』、第7話のあらすじ&先行場面カットを紹介

2017年4月からTBSほかにて放送開始となったTVアニメ『カブキブ!』より、第7話のあらすじと先行場面カットを紹介しよう。

第7話より

TVアニメ『カブキブ!』、第7話のあらすじ&場面カット

■七幕目「暫く、暫く!」
黒悟のアイデアによる新しい「三人吉三(さんにんきちさ)」の台本が完成した!いよいよ盛り上がるカブキ同好会だけれど、母・詩織が文化祭の公演を見に来ると聞いて反発した阿久津が、練習に来なくなってしまう。心配した黒悟ととんぼが阿久津の説得に向かうが……。一方、蛯原は、歌舞伎役者である祖父がカブキ同好会に興味を持っていることに、複雑な思いで……。
(脚本:大場小ゆり、絵コンテ:西村純二、演出:牧野友映、総作画監督:木村友美、作画監督:笠野充志/荒井美穂/木村友美/胡拓磨/本多みゆき/粟井重紀/大河原晴男/簾畑由実/安藤真喜)

TVアニメ『カブキブ!』は、TBS、MBSほかにて放送中。放送時間などの詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)榎田ユウリ/KADOKAWA/カブキブ推進委員会
Original Character Design (C)CLAMP・ST

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事