"JR東日本おみやげグランプリ"128品から投票で決定! 発足30周年記念で開催

JR東日本は会社発足30周年を記念し、「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ」を初めて開催する。東日本エリアの1都16県からエントリーした128品のおみやげの中から、一般投票でグランプリを選ぶイベントだという。

「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ」ロゴ

アンバサダーとして杉本彩さんを起用したメインビジュアル

おみやげはお菓子・食品・地酒・工芸品の4部門に分かれており、各都県から最大8品をエントリー。ウェブサイトとはがきによる投票で、最も贈りたい商品をグランプリとして決定するほか、各部門賞やアンケート結果にもとづく特別賞を決める。会社発足30周年にちなみ、今年で芸能活動30周年を迎える女優の杉本彩さんがイベントのアンバサダーを務める。

投票期間は5月30日から6月30日まで。投票した人の中から3名にホテル宿泊や鉄道の旅、30名に5,000円分のびゅう商品券がそれぞれ抽選で当たる。グランプリを獲得した商品に投票した人の中から抽選で300名にその商品が当たる。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事