Google、PCやスマホなしで動作する独立型VRヘッドセットを2017年後半に投入

Googleは5月17日(米国時間)、開催中の開発者カンファレンス「Google I/O 2017」の一般基調講演にて、PCやスマホなしで動作するスタンドアロンタイプのDaydream対応VRヘッドセットを開発中だと発表した。

Daydream Viewに加えて、新たにスタンドアロン型のVRヘッドセットも開発中

「Daydream」はGoogleが進めるVR(Virtual Reality)プラットフォーム。「Google Pixel」をはじめとして、ASUSの「ZenFone AR」や、ZTEの「Axon 7」、Motorola「Moto Z」などさまざまな対応デバイスが登場している。さらにSamsungの「Galaxy S8」「Galaxy S8+」や、2017年後半に発売されるLG製スマートフォンでもDaydreamがサポートされる予定だという。

Googleではすでに、これらの対応デバイスを取り付けてVRコンテンツを視聴できるヘッドセット「Daydream View」を投入しているが、これとは別にスマートフォンやPCを使わず、ケーブルレスで動作する、より没入感の高いスタンドアロン型のVRヘッドセットを開発しているという。

スマートフォンやPCを使わず、ケーブルレスで動作

このヘッドセットには同社がWorldSenseと呼ぶヘッドトラッキング技術を搭載。WorldSenseは、位置をトラッキングすることが可能とし、空間における動きを正確に追跡できるという。

WorldSenseと呼ぶヘッドトラッキング技術を搭載。一般基調講演では詳細は語られなかったが、一見するとGoogleがDaydream同様に進めるAR技術「Tango」に似ているようにも思える

現在、Qualcommと共同でリファレンスモデルを製作しており、2017年後半にもHTCやLenovoからデバイスが登場する予定だという。

Qualcommとパートナーシップを結び、リファレンスモデルを製作中だという

HTCはViveブランドで製品を展開するようだ

Lenovoのヘッドセットは、CES 2017で同社が展示したHolographic対応製品(右)と形状はほぼ同じ

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事