モダンOS/2「AcraOS 5.0」登場

Arca Noaeは5月15日(米国時間)、「ArcaOS 5.0 from Arca Noae is the new release of OS/2 for the 21st century」において、ArcaOSの最新版となる「ArcaOS 5.0」の公開を伝えた。コマーシャルエディションとパーソナルエディションが用意されており、それぞれサポート期間が異なっている。パーソナルエディションは向こう90日間にわたってディスカウント価格で提供されると説明がある。

「ArcaOS 5.0」の主な特徴は次のとおり。

  • OS/2 Warp 4, MCP 2ベースのオペレーティングシステム
  • OS/2、Windows 3.1、DOSアプリケーションを実行可能
  • Linuxから移植されたアプリケーションを実行可能
  • Arca Noaeによるサポートサービスの提供
  • 現在OS/2やeComStationを使っているユーザに対してマイグレーションサービスを提供

「ArcaOS 5.0」ではOS/2やWindows 3.1、DOSのアプリケーションを実行することが可能であることから、依然としてこれらオペレーティングシステムを使用している場合に移行対象として検討できる。Arca NoaeはArcaOSのメンテナンスおよび開発、サービスの提供などを実施しているソフトウェアベンダー。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事