ブラザー、「JUSTIO」シリーズにA4カラーレーザー複合機など4モデルを追加

ブラザー販売は17日、A4レーザープリンター・複合機「JUSTIO」シリーズの新製品として、トナーなどの改良により印字品質を向上させたA4カラーレーザープリンター・複合機など4モデルを発表した。全モデルとも6月下旬から発売する。

MFC-L9570CDW

MFC-L9570CDW

「MFC-L9570CDW」は、プリンタ / コピー / スキャン / ファクス機能を備えるA4カラーレーザー複合機。店頭予想価格は166,860円(税込)。トナーやドライバが改良されており、文字 / グラフ / 写真などが従来よりも鮮明に印刷可能。ビジネス文書に適した印字品質が得られる。

ランニングコストはA4モノクロで約2.5円、A4カラーで約15.3円。自動両面印刷に対応し、印刷速度はA4カラー / モノクロともに31枚/分と高速。ファーストプリントタイムは15秒以下。給紙枚数は標準給紙トレイに250枚、多目的トレイに50枚、ADFも備え80枚の用紙をセットしておける。オプション装着時の最大給紙枚数は2,380枚。

タッチパネル液晶の表示例

ファクスクラウド転送のイメージ

操作用ディスプレイは7型のタッチパネル液晶を採用。よく使う機能を待機画面で設定できる「待機画面カスタマイズ機能」を追加しており、利用シーンに合わせて柔軟にカスタマイズできる。

クラウドをビジネスに活用できる「ファクスクラウド転送」に対応。受信したファクスデータを同社のクラウドサーバー経由で、各種Webサービスへ転送・保存でき、外出先からの確認 / 共有が可能となっている。

記録方式は半導体レーザー+乾式電子写真方式を採用。解像度は最大2,400×600dpi。自動両面スキャンにも対応する。インタフェースはGigabit Ethernet有線LAN、IEEE802.11b/g/n無線LAN、USB 2.0。本体サイズはW495×D526×H549mm、重量は約29.7kg。対応OSはWindows 7 / 8 / 8.1 / 10、Windows Server 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2 / 2016、Mac OS X 10.12~10.10.5。

MFC-L8610CDW

MFC-L8610CDW

「MFC-L8610CDW」は、プリンタ / コピー / スキャン / ファクス機能を備えるA4カラーレーザー複合機のエントリモデル。店頭予想価格は89,100円(税込)。操作用ディスプレイは3.7型液晶ディスプレイに変更されている。

ADFの給紙容量は50枚で、オプション装着時の最大給紙枚数は1,050枚。自動両面スキャンには対応していない。本体サイズはW435×D526×H539mm、重量は約27.8kg。その他の仕様は「MFC-L9570CDW」とほぼ共通。

HL-L9310CDW

HL-L9310CDW

「HL-L9310CDW」は、A4対応のカラーレーザープリンタ。店頭予想価格は115,020円(税込)。スリープ時の消費電力を1.1Wに抑えた省エネ設計で、印刷時にカラートナーが切れてもモノクロ印刷が可能など、エコノミー&エコロジーなモデルとなっている。

給紙枚数は標準給紙トレイに250枚、多目的トレイに50枚で、ADFは装備せずオプション装着時の最大給紙枚数は2,380枚。本体サイズはW441×D486×H313mm、重量は約22.0kg。その他の仕様は「MFC-L8610CDW」とほぼ共通。

HL-L8360CDW

HL-L8360CDW

「HL-L8360CDW」は、A4対応のカラーレーザープリンタ。店頭予想価格は63,180円(税込)。内蔵メモリが512MBになっていること以外、「HL-L9310CDW」とほぼ共通の仕様となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事