コンチネンタル、マツダの小型車向けに「コンバイナーHUD」を提供開始

コンチネンタル・オートモーティブは、日本の自動車メーカー向けとして初めてヘッドアップディスプレイ(HUD)を開発し、マツダのコンパクトカー「デミオ」、「CX-3」、「CX-5」向けのオプションとして、コンバイナー式ヘッドアップディスプレイの提供を開始したことを発表した。

コンバイナー式ヘッドアップディスプレイ(HUD)

従来のHUDがフロントガラスに情報を表示のに対し、コンバイナーHUDは「コンバイナー」と呼ばれる小型で半透明なプラスチックディスクを用いる。これにより、フロントガラスと光路の調整が不要となるほか、コックピットにおける自由スペースが増え、小型かつ平坦なデザインが可能になる。

ボンネットの先にフルカラーのディスプレーを表示できるため、ドライバーの視線が運転方向から逸れることなく、ほかの車の動きなど重要な情報が常に視界に入るという。また、運転中に機器を操作することで発生する「ブラインドドライビング」と呼ばれる状態も劇的に緩和されるとしている。

同社のコンバイナーHUDは、小型車への適合性が高くさまざまな車両に搭載可能だという。フロントガラスHUDは中型車の上位車種のオプションとして提供されることが多いのに対し、コンバイナーHUDは少量生産車種にも提供されるということだ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事