TVアニメ『武装少女マキャヴェリズム』、第7節のあらすじ&場面カットを紹介

2017年4月から放送開始となったTVアニメ『武装少女マキャヴェリズム』。その第7節『妖しき刃「眠目さとり」』のあらすじと場面カットを紹介しよう。

第7節より

TVアニメ『武装少女マキャヴェリズム』、第7節のあらすじ&場面カット

■第7節 妖しき刃「眠目さとり」
さとりの策略で、納村の評判はあっさりと地に堕ちた。輪とメアリにすら見放され、仕置き部屋に囚われてしまった彼を救ったのは、ワラビンピックで彼に一目置くようになった蕨だった。さとりの持つ無修正のスクープ写真さえ手に入れば、身の潔白を証明できる。そう考えた納村は、蕨とともにさとりを襲撃する。戦いの舞台は女子寮の大浴場。一糸まとわぬ姿のさとりを前に動揺する納村だったが、彼女はそんな甘い気持ちで対峙できる相手ではなく、それはまるで人間のフリをした"化け物"のようであった。
(脚本:ガクカワサキ、絵コンテ:池端隆史、演出:門田英彦)

TVアニメ『武装少女マキャヴェリズム』は、AT-X、TOKYO MX、KBS京都、テレビ愛知、サンテレビ、TVQ九州放送、BS11にて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)2017 黒神遊夜・神崎かるな/KADOKAWA/「武装少女マキャヴェリズム」製作委員会

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事