菅田将暉、『帝一の國』ヒットでメンバーからハグ4連発 - 動員100万人突破

俳優の菅田将暉が17日、都内で行われた映画『帝一の國』応援上映&大ヒット御礼舞台挨拶に、共演の野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳と共に登場した。

左から志尊淳、竹内涼真、菅田将暉、野村周平、間宮祥太朗

同作は古屋兎丸による同名コミックを実写化。生徒会長を勤めれば将来の内閣入りが確約されるという日本一の名門校を舞台に、菅田演じる1年生・赤場帝一が生徒会長選に挑む。個性的なエリート男性キャラクターが集まり、2014年には舞台化も話題を呼んだ。4月29日の公開以来、5月16日までの18日間で動員99万589人、興行収入12億5,741万2,500円を記録し、この日の舞台挨拶で100万人突破となった。

イベントには主要キャラクターを演じた俳優陣の中から千葉雄大以外の5人が集まり、観客は熱狂。キャストが集まるのはこれが最後ということで、メンバー4人から菅田へ、菅田から他の4人へメッセージが送られる卒業セレモニーが行われた。トップバッターの竹内は「菅田くんのことをテレビでずっと見てました」と告白。「(菅田は)93年~94年(生まれ)の代ではやっぱトップを走ってるし、一緒にやれてすごく嬉しかった」と語りかけ、「日本の映画界を盛り上げられるように頑張るんで、一生仲間としてやっていきたいなと思います。ありがとうございました。大好きです」と頭を下げ、菅田と握手&ハグをした。

2番手の志尊は「とにかく菅田くんに少しでも近づけるように必死で動いてた」と振り返り、「僕は何もできない、けど菅田くんについていくことが、今回僕が光明(という役)を作れたことにつながっていたのだと思いました」と感謝。「菅田くんが帝一として真ん中に立っていてくれたから、こんな素敵な作品ができて、僕も将来の宝物になる作品に携われたことを本当に幸せに思います」と菅田を抱きしめると、菅田は「ええ子やね」と笑顔で応えた。

間宮は「最近は夜な夜なゲームを一緒にしていますね」と語りかけながら、10年前の出会いを振り返る。さらに「赤場帝一は主席じゃないですか。僕らの世代の役者の主席は菅田将暉さん、あなたじゃないですか」とニヤリ。「本当に僕らの世代の代表作になったと思います。なんかやばいね、この空気」と感極まった間宮の菅田に、菅田は「『帝一』が終わった後に、『現場を思い出して泣きそう』ってLINEくれた」と暴露した。また、間宮が菅田にハグしながら顔を近づけると、菅田は「チュパチュパすな!」と体をのけぞらせていた。

最後になった野村が、しゃくりあげる真似をしながら「俺と菅田くんが出会ったんは! 7年前くらいで、なんかよく分からないドラマで一緒になって!」と話し始めると、菅田は「お前『学校へ行こう!』やんけそれ」「よくわからないとか言うな!」とツッコミ。野村は改めて「菅田くんはライバルっぽい感じ」と語り出し、「昔はライバルとしてピリピリしてた時もあったけど、年とって2人、刃物が丸くなったみたいな」と縁を振り返った。

野村は「こんなこと言いながらも、後ろでポストを狙ってる輩がたくさんいるからね。これからも負ける気はないから、高め合っていけたら」と頭を下げ、「未公開シーンやる?」と提案。二人で唇を近づけあった。

菅田は改めて4人について「俺らが学生の頃見てたクローズとかバトロワとか、そういう熱量を持った俺らなりの果し状にできればという気持ちを何も言わんでも汲み取ってくれつつ、それは表に出さんと毎日やれたことがすごく幸せでした」と感謝。「また10年後、20年後とこうやって節目節目に集まって、なんか面白いことを日本に叩き込めれば嬉しいなと思います」と宣言した。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事