富士通、高速ディープラーニング基盤システムを販売- 目的に応じて使い分け

富士通は、米国NVIDIA Corporationの最新GPUを搭載したディープラーニング専用サーバと、動作検証済みのストレージおよびソフトウェアをシステムとして提供する「FUJITSU AIソリューション Zinraiディープラーニング システム」(以下、Zinraiディープラーニング システム)の販売を、5月16日より開始した。価格は3,570万円より。

Zinraiディープラーニング システム

近年、AIの学習技術のひとつとしてディープラーニングの活用が拡大し、それによってAIの認識精度は飛躍的に向上しているが、ディープラーニングでは高い認識精度を実現するために大量の学習データを何度も演算処理する必要があり、膨大な時間と計算資源を要するのが課題となっている。

このたび同社が販売を開始した「Zinraiディープラーニング システム」は、データを外部に持ち出したくないなどの理由から、オンプレミス環境でディープラーニング基盤の構築を望むユーザーに向けて、最新GPU「NVIDIA Tesla P100」を搭載したディープラーニング専用サーバと、動作検証済みのストレージおよびソフトウェアをシステムとして提供するもの。

このシステムを活用することで、オンプレミス環境でディープラーニングを活用したシステムを構築したいユーザーは、短期間で世界最速クラスのディープラーニング基盤を実現することが可能となる。

また、「Zinraiディープラーニング システム」で構築されたオンプレミス環境のディープラーニング基盤と、クラウドサービスの「Zinraiディープラーニング」を組み合わせることで、ハイブリッドクラウド環境も容易に構築できる。これにより、利用頻度の低い学習処理はクラウドサービスで実行し、利用頻度の高い学習処理はオンプレミス環境で実行するなど、用途に応じて柔軟に使い分けることが可能になるとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事