[尾上松也]“スイーツ男子”役で連ドラ初主演 テレ東深夜で名店食べ歩き

テレビ東京の深夜ドラマ「さぼリーマン甘太朗」で主演を務める尾上松也さん (C)アビディ井上・萩原天晴/講談社(C)「さぼリーマン甘太朗」製作委員会

 歌舞伎俳優の尾上松也さんが、7月からテレビ東京で放送される深夜ドラマ「さぼリーマン甘太朗」で主演を務めることが17日、明らかになった。「中間管理録トネガワ」で知られる萩原天晴さん原作のマンガ「さぼリーマン 飴谷甘太朗」のドラマ化で、今回が連続ドラマ初主演となる松也さんは、スイーツの食べ歩きが趣味のイケメン“スイーツ男子”を演じる。

 松也さんは、営業マンとして出版社に勤務し、仕事を完璧にこなして周囲の信頼も厚い独身のメガネイケメン・飴谷甘太朗(あめたに・かんたろう)を演じる。実は甘太朗には「仕事をサボってスイーツを食べる」という周囲にひた隠しにする秘密があり、ドラマには老舗の甘味処から知られざる名店まで、すべて実在する店が登場。またハイスピードカメラを多用した映像の数々や、VFXで表現される「スイーツに酔いしれる甘太朗の脳内イメージ」 も見どころの一つとなる。

 主演のオファーをもらい「素直にうれしかった」という松也さんは、「さらにメインテーマが甘味。実は私自身、一人で甘味処に食べに行くくらい甘いものが大好きで『スイーツ男子』という言葉が生まれる前からの根っからの『スイーツ男子』ですので、世の中のスイーツ男子を代表して、今回のドラマに出させていただくことは、まさに野望の一つがかなったような気持ちでいます」と喜びを明かしている。

 演じる甘太朗については「ふざけているわけではなく、本気でスイーツを愛している」と共感を寄せ、「スイーツは彼にとって他人に知られてはいけない秘め事ですので、普段の優秀なサラリーマンの時と甘味を食べてトリップした時との差があればあるほど、スイーツ愛というものが表現できるのかなと思いますので、そこを意識して演じています。スイーツ好きの方にはぜひ見ていただきたいですし、実際にお店にも足を運んで、甘太朗のトリップを皆さんにも体験していただきたいです」と語っている。

 ドラマは、4月に新設されたテレビ東京の木曜深夜ドラマ枠 「木ドラ25」(毎週木曜深夜1時)で7月からスタート。また動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で先行配信され、BSジャパンでも放送される。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事