JR東日本「東北新幹線開業35周年記念号」E5系が新潟~八戸間直通 - 7月運転

JR東日本新潟支社は16日、旅行商品専用団体臨時列車「東北新幹線開業35周年記念号」を運転すると発表した。東北新幹線の車両E5系が上越新幹線に乗り入れ、7月9日に新潟発八戸行、7月10日に八戸発新潟行を運転。新潟支社管内のびゅうプラザ・びゅう予約センター新潟にて、5月26日から旅行商品が販売開始される。

「東北新幹線開業35周年記念号」はE5系を使用して運転される

「東北新幹線開業35周年記念号」は東北新幹線大宮~盛岡間開業(1982年6月23日開業)から35周年を迎えることを記念し、新潟~八戸間を乗換えなしで直通する旅行商品専用団体臨時列車として運転。E5系10両編成を使用し、全車指定席で「グランクラス」は非営業となる。7月9日の往路は新潟駅7時36分発・八戸駅12時43分着、7月10日の復路は八戸駅13時53分発・新潟駅18時31分着で、往路・復路ともに途中停車駅は燕三条駅・長岡駅・浦佐駅・越後湯沢駅・高崎駅・熊谷駅・新花巻駅・盛岡駅とされている。

新潟支社管内のびゅうプラザ・びゅう予約センター新潟で発売される旅行商品は、7月9日出発の1泊2日「E5系で行く! 東北新幹線開業35周年記念『岩手・青森』の旅」として、個人旅行コースと添乗員同行コースを用意。新潟駅発着の旅行代金は、個人旅行コースが大人2万9,800~4万4,100円・こども1万7,000~2万5,600円、添乗員同行コースの「緑深まる『八甲田山・十和田湖・奥入瀬渓流』の旅」が大人6万300~6万4,400円・こども4万2,500~4万5,000円、「海と断崖を望む『浄土ヶ浜遊覧船』と人気ローカル線『三陸鉄道』の旅」が大人5万8,800~6万1,300円・こども4万2,000~4万3,500円となる。

その他、阪急交通社新潟支店、読売旅行新潟営業所、新潟日報サービスネット、タビックスジャパン新潟支店でも添乗員同行の旅行商品が発売される。「詳しくは各旅行会社へお問い合わせください」とのこと。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事