Elastic Stack 5.4、機械学習を搭載 - 異常検知機能を実現

We have a simple goal to solve the world's data problems with products that delight and inspire.

Elasticは5月11日、「Elastic Stack 5.4.0」に機械学習技術を利用した新機能を搭載したと発表した。Elasticは検索やログ分析、データ分析などに利用できるオープンソース・ソフトウェア「Elasticsearch」や「Elastic Stack」を提供している企業。同社は先日買収した行動分析技術プロバイダー「Prelert」の技術を取り込み、専門的な知識がなくとも機械学習を利用したいというユーザーの要望に応えたとしている。

Elastic Stackはサーバやネットワーク・アプライアンスのログデータやWebサーバへのアクセスログやログイン状況などをモニタリングするためのオープンソース・ソフト。今回、同ソフトに機械学習機能(教師なし機械学習)を導入し、異常検知処理の自動化が可能になったとしている。

ネットワークインフラをセキュアな状態で運用し続けることは現在のビジネスにおいて重要度が増している。しかし、複雑化する現在のネットワークをリアルタイムでモニタリングし、従来の手法で異常を検知することは難しくなってきている。

今回、Elasticは行動分析大手のPrelertを買収してその技術を適用することで、従来のモニタリングの延長線上で自然に異常検知が可能になったとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事