Astell&Kern、新しい"最高峰"プレーヤー「A&ultima SP1000」 - 3499ドル

アユートは5月16日、Astell&Kernの新しい最上位ポータブルプレーヤー「A&ultima (エー・アンド・ウルティマ) SP1000」を発表した。Stainless StellモデルとCopperモデルの2種類を用意。日本での発売日や価格は未定となっている。米国での価格は、Stainless Stellモデルが3,499ドル (Copperモデルは未定)。

A&ultima SP1000。画像はStainless Stellモデル

A&ultima SP1000は、「世界最高峰のハイエンドポータブルプレーヤー」をコンセプトとした新プロダクトライン「A&ultima」からリリースされるフラッグシップ機。Astell&Kernの持つ技術を全て投入し、一から設計したという。

DACチップは旭化成エレクトロニクスの「AK4497EQ」を2基搭載。DSD 11.2MHzやPCM 384kHz/32bitのネイティブ再生に対応する。VCXO Clock(電圧制御水晶発振器)を装備し、超低ジッター200Fsを実現。アンプ回路は新設計のもので、高出力かつ低歪・低ノイズを可能にしている。

出力端子は、3.5mmアンバランス(光デジタル出力兼用)のほか、2.5mm4極バランスも搭載。DLNAのネットワーク再生機能「AK Connect」や、USB DAC機能も利用できる。

クリックして拡大

ベゼルレスのデザインを採用し、5インチのディスプレイを搭載。オクタコアCPUにより、優れた処理と反応速度を実現している。GUIも最新のものを搭載しており、より直感的な操作が行える。充電用の端子はUSB Type-C。高速充電に対応し、約2時間の充電で約12時間の再生が可能だ (FLAC 96kHz/24bitをローゲイン設定、音量50%で再生した場合)。

  • 内蔵ストレージ: 256GB
  • 外部ストレージ: microSD(最大256GB)×1
  • サイズ: W75.8×D16.2×H132mm
  • 重量: 約386g (Stainless Stell)、約387g (Copper)
  • バッテリー容量: 3,700mAh
  • Wi-Fi: IEEE802.11b/g/n
  • Bluetooth: 4.1
  • 対応コーデック: SBC、aptX HD
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事