石原さとみ、美しすぎるシャドーボクシング披露「すぐに筋肉痛が(笑)」

女優の石原さとみが、16日から全国で放送開始されるチョコレート菓子「明治ガルボ」の新テレビCM「すすめのポーズ」編で、シャドーボクシングを披露している。

「明治ガルボ」新テレビCMでシャドーボクシングを披露している石原さとみ

同CMでは、石原がOLに扮し、オフィスで元気がないときにガルボを食べることで、さまざまな業務を元気に前向きにこなすことができるシーンを撮影。一番の見どころはシャドーボクシングシーンで、オフィスでコピーを大量にとっている石原が、仕事で疲れた体を癒やすために「ガルボかんですすめ!」と言いながらガルボをかむと、やる気がみなぎって目の前のガラス窓に映りこんだ自分を相手に激しくシャドーボクシングを始める。

当日、協栄ジム所属のボクシングトレーナーから30分以上にわたりボクシングの指導を受けた石原。最初は首をかしげながら体に動きをなじませていたが、動きに慣れてくると次第に内容もレベルアップし、終盤にはトレーナーから全身を使ったストレートの出し方、ウィービングからのアッパーカットなど本格的な動作を汗をかきながら教わった。そして、プロ顔負けのしなやかなシャドーボクシングに周囲のスタッフは驚き、思わず拍手も。練習を終えた石原は「楽しいー」と笑顔を見せていた。

石原は「ヒールを履いてボクシングすることがなかなか無いので結構本格的にやらせていただいて。CMでこんなにアクション指導を受けたのが初めてだったので楽しかったですね」と撮影を振り返り、「なかなかすぐに筋肉痛がきました(笑)」と話した。

ボクシングの練習風景 協力:協栄ジム


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事