綾野剛、村上虹郎との共演に暗躍 - 「しっかり引っかかってくれた」

俳優の綾野剛が15日、主演映画『武曲 MUKOKU』(6月3日公開)の完成披露試写会舞台挨拶に、共演の村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明、熊切和嘉監督とともに登場した。

左から熊切和嘉監督、小林薫、前田敦子、綾野剛、村上虹郎、風吹ジュン、柄本明

同作は藤沢周の原作を実写化。ある一件から剣の道を捨てた青年・谷田部研吾(綾野)の元へ、師匠の光邑(柄本明)は、剣の才能を持つ今時の高校生・羽田融(村上)を送り込む。

熊切監督と綾野のタッグは『夏の終り』(2013年)以来となるが、その間綾野は「自分の鮮度を高めて、最高の素材として現場に突入できるようにと思っていました」と語る。剣の才能を持つ役に、フィジカル面を鍛えて臨んだ。

綾野と戦うことになる高校生・融を演じた村上は、映画のオファー前に綾野から「急に『武曲』という作品を読んでくれ、と言われて」と明かした。綾野は「半分企てていて。僕は脚本を読んで映画化のことを知っていたので、『この作品に出てくる融という役はすごくに虹郎に合ってると思うな、読む?』みたいな感じで読んでもらった」と告白。「案の定、しっかりと引っかかって、『この役やりたいっす、自分!』と言ってくれたので、大丈夫だな」と安心したという。

村上は、「ドラマ『仰げば尊し』の最中だったんですが、ドラマ中に作品を撮るはずだったらしいのに、僕が終わるまでみんな待ってくれてまで、僕を起用してくれた」と裏事情を説明し、「そのプレッシャーは、ないですけど」とニヤリ。綾野について「ちょっと突き指した時に、剛さんが誰よりも早く『はい、アイシング!』って持ってきて」と撮影を振り返り、「こんな頼りになる人いるんだ、しかも俳優さんか、と思いました」と綾野への信頼を見せた。

また、綾野は関係者席にいた原作者の藤沢を客席に紹介するサプライズも。その場に集まった観客から、拍手で受け入れられていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事