KDDIが下り最大590Mbpsの高速通信に対応、今後発売のスマホで使えるように

KDDIと沖縄セルラーは5月16日から、受信最大590Mbpsの高速データ通信サービスを、東京都、愛知県、大阪府の一部エリアで順次提供開始する。

「Speed Wi-Fi NEXT W04」はソフトウェアアップデートで受信最大590Mbpsに対応

WiMAX 2+において、データの送信側 (基地局)と受信側 (端末)のそれぞれに4本のアンテナを搭載し、4×4 MIMOとキャリアアグリゲーションを組み合わせることで、受信時最大440Mbpsを実現。さらに、4G LTEの150Mbpsを合わせ、受信最大590Mbpsまで進化させた。

同日より、Wi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」がソフトウェアアップデートにより受信最大590Mbpsに対応。今後auから発表されるスマートフォンもサポート予定となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事