『緊急取調室』春ドラマ中間平均視聴率1位 - "警察モノ"が上位5作占める

4月スタートの春の連続ドラマが概ね折り返し地点を迎え、ここまでの全話平均視聴率トップには、4話平均で14.2%となっている天海祐希主演の『緊急取調室』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)が輝いた。

2017民放春ドラマ中間平均視聴率ランキング

対象は4月スタートのプライムタイム(19~23時)に放送されている地上波民放連続ドラマ。期間は5月2週時点までで、各話の番組平均視聴率の合計を回数で割った平均値。

天海演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、特別取調室で取り調べを行う緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げていく『緊急取調室』は、初回で17.9%を記録して断トツトップのスタート。その後も、第2話で14.2%、第3話・4話でいずれも12.4%と、堅調に推移している。

2位には、初回視聴率4位だった長谷川博己主演の『小さな巨人』(TBS系、毎週日曜21:00~)が浮上。14日に放送された第5話は、自己最高の13.9%をマークしており、上昇気流に乗る作品が多い「日曜劇場」枠だけに、今後の期待が高まる。

『緊急取調室』主演の天海祐希

そして、3位『警視庁・捜査一課長 シーズン2』(テレ朝系、毎週木曜20:00~)、4位『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(カンテレ・フジ系、毎週火曜21:00~)、5位『警視庁捜査一課9係 season12』(テレ朝系、毎週水曜21:00~)と、上位5作品を"警察モノ"が占める状況となった。今クールは11作品が初回視聴率で2ケタに乗せたが、ここまでの平均で2ケタをキープしているのも、この5作品のみとなっている。

注目のフジテレビ"月9"30周年作品である『貴族探偵』は、ここまでの平均が9.5%。2015年10月クールの『5→9~私に恋したお坊さん~』以来となる全話平均2ケタに向け、望みをつないでいる。

ゴールデンウィーク中はどの作品も数字を下げているため、今後の数値の推移に注目だ。

視聴率の数字は、ビデオリサーチ調べ・関東地区。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事