[原幹恵]「破裏拳ポリマー」でポリマースーツで大胆アクション 「セクシーで身が引き締まる」

「破裏拳ポリマー」に稗田玲役で出演する原幹恵さん

 女優の原幹恵さんが出演する映画「破裏拳(はりけん)ポリマー」(坂本浩一監督)が13日に公開される。溝端淳平さん演じる拳法“破裏拳”の継承者・鎧武士が特殊装甲スーツ“ポリマースーツ”を着て悪と戦う姿を描いた作品で、原さんはポリマースーツ研究者の稗田玲(ひえた・れい)を演じる。劇中では、自らセクシーなポリマースーツを着て戦うなど派手なアクションを披露している原さんに、ポリマースーツを着た感想や撮影エピソードなどを聞いた。

 ◇

 「破裏拳ポリマー」は、「ガッチャマン」「タイムボカン」シリーズなどを生み出したタツノコプロによるアニメで1974年10月~75年3月に放送。元ストリートファイターの探偵で奥義“破裏拳”を操る鎧武士が悪と戦う姿を描かれた。今回の実写映画は、警視庁と防衛省が極秘裏に開発した特殊装甲スーツ“ポリマースーツ”が奪われ、警視庁は探偵の武士に協力を求める。実は武士は、最強のポリマースーツを起動できるただ一人の男で、武士はポリマースーツの研究者・玲や新米刑事の来間譲一(山田裕貴さん)らと事件を追う……というストーリー。

 多くのファンに愛された作品の実写版への出演で、「すごく光栄」と喜ぶ原さん。原作への思いが強いファンに受け入れられるかどうか不安もあったが、「原作にはない映画オリジナルの役だったので、肩の荷がすっと降りました」と笑顔で語る。

 演じた稗田玲はポリマースーツの研究者であるだけではなく、自らポリマースーツを着て戦うことも。原さんは「まさか自分もポリマーになれると思っていなかったので、すごくびっくりしました」と驚いていた。しかも、これまで経験のなかった“柔術”を得意とする役。アクションの経験はあるが柔術はなかったため、クランクインの4カ月前から練習に励んだ結果、腕ひしぎ逆十字をかけるシーンもこなし、原さんは「特殊な役ですけど、楽しんでやらせていただきました」と充実した表情で語る。

 アクションでは、足をキレイに見せるため、細かい部分を意識した。例えば蹴り足は「蹴るときに、軸足を動かして蹴ると、足が長く見えるというか、腰が入って見える。軸足固定のまま蹴ると、腰が動かない分、距離がもったいない」と原さんはコツを説明する。

 原さんが着るポリマースーツは、胸元が大きく開き、太ももも大胆に露出している。「抵抗はなかった」といい、「着るとすごくセクシーで、身が引き締まる」と絶賛する。「坂本監督の作品に出てくる女の子は、露出が多いということも知っているので、今回も布の面積がきっと少ないんだろうな、やっぱりなという印象でした」と原さんは笑い、「撮影中はカッコいいんだけれど大変な部分もあって……布の面積が少ない分、体を守れる部分が少ないので(笑い)。アクションでちょっと危ないときとかでも、パットを入れる部分がなかったりということがありました」と振り返る。

 もともとアクションが好きという原さん。「ジャッキー・チェンの映画が結構好きで、アクションをやるときに参考というか……コマ送りやスローで見て研究したり」と語る。今後はどのような役に挑戦してみたいのか。原さんは「人間じゃない役をやってみたい」と意外な願望を口にし、「妖怪でも動物でも、ゾンビでもいい。ギャップのある役がやりたいですね」と意気込みを語った。

<プロフィル>

 はら・みきえ。1987年7月生まれ、新潟県出身。2003年に「全日本国民的美少女コンテスト」でグラビア賞を受賞してデビュー。以降、グラビア、映画、舞台などで活躍。映画は「劇場版仮面ティーチャー」(14年)、「ハッピーランディング」(15年)などに出演。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事