ロジテック、メンテナンス性に優れたスリムタワー型のカスタムコントローラ

ロジテックINAソリューションズは11日、第4世代Intel Coreプロセッサを搭載する、産業・業務用向けスリム型カスタムコントローラ「LC-76S38」を発表した。5月下旬から発売する。価格はオープン。

LC-76S38

第4世代Intel CPUを搭載する産業・業務用カスタムコントローラ。CPUはIntel Core i7 / i5 / i3 / Pentiumなどを選択可能で、HDDのメンテナンスがしやすいフロントアクセスHDDベイを採用。上部フロントパネルからHDDの取り外しが可能となっている。

拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x4×1、PCI Express x1×1を装備。スリムタワー型きょう体を採用しながら、最大330mm超の拡張ボードが装着できる。電源にはニプロン製の「HPCSF-400P-X2S」を標準で搭載。長寿命タイプなので、長期間の運用にも適している。

OSはWindows 8.1 Industry ProとWindows 7 Professional for Embedded Systems(64bit / 32bit)を選択可能。インタフェース類は、Gigabit Ethernet有線LAN×2、USB 3.0×2、USB 2.0×6、COM×2、HDMI×1、DVI-D×1、D-sub×1、DisplayPort×1、シリアル(COM)ポート×4基など。

人気記事

一覧

新着記事