BMW新型「4シリーズ」発売、内外装がより上質に - 新デザインLEDライト採用

ビー・エム・ダブリューは9日、「4シリーズ」を一新し、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グラン クーペ」のラインアップで全国のBMW正規ディーラーにて販売開始すると発表した。新デザインのLEDヘッドライトの採用をはじめ、優れた走行性能はそのままに、内外装をより上質に変更している。

BMW「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グラン クーペ」

今回のモデルチェンジでは、低重心および専用設定のサスペンションによる高いドライビングダイナミクスはそのままに、内外装を変更し、新デザインのLEDヘッドライト・LEDテールライトを採用した。新たに標準装備されたデイタイム・ランニング・ライトにより、走行時にフロント・ライトのヘキサゴナル・デザインがより強調される。

インテリアでは、センター・コンソールをドライバーに向けてわずかに角度を付けたドライバー・オリエンテッドなコックピットとし、新たに最新のマルチ・ディスプレイ・メーター・パネルを標準装備した。TVチューナーと9スピーカーのHiFiスピーカーシステムも新たに標準装備としている。

エンジンは従来通り、184PSの2.0リットルターボ、252PSの2.0リットルターボ、326PSの3.0リットルターボをラインアップ。ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)などの運転支援システムも装備する。価格は「420i クーペ スポーツ」573万円、「440i カブリオレ ラグジュアリー」929万円、「420i クランクーペ」580万円などとなっている(価格はすべて税込)。

「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グラン クーペ」外観・車内イメージ

関連キーワード

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事