カゴヤ、「クラウドバックアップ/VDP」のランサムウェア対策キャンペーン

カゴヤ・ジャパンは5月9日、バックアップサービス「クラウドバックアップ/VDP」の初期費用が半額になる「ランサムウェア対策キャンペーン」を開始する。実施期間は5月9日から6月30日まで。

「クラウドバックアップ/VDP」は、バリオセキュアのVDPアプライアンスにより、ローカル環境内でのバックアップ取得とクラウド2カ所への自動複製というハイブリッドなバックアップ環境を提供する。

「クラウドバックアップ/VDP」の仕組み

同社は、「圧縮暗号化してバックアップするため、ウイルスを非活性化できる」「最大31世代の自動バックアップ」「簡単な操作でローカル環境からすぐにリカバリできる」「VDPアプライアンスが壊れてもオンサイト修理で回復可能」といった特徴から、「クラウドバックアップ/VDP」がランサムウェア対策に有効としている。

キャンペーン期間の料金は以下の表のとおり。VDP1000、VDP2000、VDP3000の上位プランは月額料金の割引も行われる。

プラン名 バックアップ容量 初期費用
VDP300 300GB 19万4400円→9万7200円
VDP600 600GB 21万6000円→10万8000円
VDP1000 1TB 32万4000円→16万2000円
VDP2000 2TB 37万8000円→18万9000円
VDP3000 3TB 43万2000円→21万6000円
関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事