湘南エリアへの「移住」推進!仕事と住居2方面からのバックアップを提供

神奈川福祉経営研究所「SHONAN+(湘南プラス)」は、2017年4月より、全国から湘南エリア(藤沢、茅ヶ崎、平塚)への移住を推進する、『湘南移住計画』事業を本格始動した。


同計画は、湘南の魅力を伝え、人材を湘南へ呼び込み『地域活性』をおこなうことを目的に、移住しやすい環境を整備し生活基盤を定着させるサポートサービス。「移住」へのハードルを下げる為、仕事と住居の2つのバックアップサポートを提供する。


仕事面のサポートでは、希望者が望む、職種への紹介・斡旋を前提に、仕事紹介からキャリアコンサルタントまで、仕事に対する一生涯のトータルサポートをおこなう。同社が紹介・斡旋する仕事は、雇用形態は「正社員」で湘南エリアで長く勤務し定着できる環境を用意する。


一方、住居面のサポートでは、同社が属するユーミーホールディングスが管理する物件の家賃を3ヵ月間無料(光熱費、生活費などは各自実費負担)で提供し、生活基盤を頑丈に根付きやすい環境を用意する。


同計画の応募要項は、20歳から30歳までの男女を対象に、湘南エリア(藤沢、茅ヶ崎、平塚)への移住・正社員での勤務が可能な人。


「湘南エリアが好きな方」「いつか湘南に住みたいと考えていたがチャンスがなかった方」「心機一転、違う土地で生活したいと考えていた方」「なかなか正社員としての就職が決まらない方」などが湘南移住に適しているとのこと。


詳細等は、同社ホームページを参照のこと。


本記事は「マイナビ賃貸」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

2017年5月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事