JAXA、「気候変動観測衛星」と「超低高度衛星技術試験機」の愛称募集を開始

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4月25日、2017年度中の打ち上げを予定している「気候変動観測衛星(GCOM-C)」ならびに「超低高度衛星技術試験機(SLATS)」の愛称募集を開始したことを発表した。

GCOM-Cは、19種類の波長(色)を観測することが可能な「多波長光学放射計(SGLI)」を活用し、地球の気候変動の観測を行う衛星。一方のSLATSは、高度300km以下の大気の抵抗が大きい超低高度軌道にて、高効率イオンエンジンを活用して継続飛行を行うことで、将来の超低高度衛星の開発や活用に向けた研究を行うことを目的とした試験機。

気候変動観測衛星(GCOM-C)のイメージ図 (C)JAXA

超低高度衛星技術試験機(SLATS)のイメージ図 (C)JAXA

2機の衛星ともに募集期間は2017年4月25日~2017年5月31日(20時締め切り)で、応募は専用Webサイトの応募フォームに必要事項を記入する形で行われる。応募資格に制限はない。また、愛称の決定は、応募の中から、JAXA内にて選考を行い、決定される予定となっている。

選定された愛称を提案した人の中から、抽選で各衛星1組ずつ(計2組)が、種子島宇宙センターでの打ち上げ見学に招待される(日本国内居住の方が条件)ほか、提案者全員に認定証と記念品が送付される予定だという。

なお、愛称の条件は、以下のようなものとなっている。

  • ひらがな、もしくはカタカナであること(ひらがな/カタカナ混じりでもよい)
  • 各人工衛星の機能やミッションをイメージできること
  • 発音しやすいこと。
  • 過去に打ち上げた日本の人工衛星等の愛称と同一とならないもの(過去の愛称は専用Webサイト参照)
  • 第三者が著作権等の権利を有していないもの
  • 公序良俗に反しないもの
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事