[木村多江]輝いている女性は「人生をしなやかに楽しんでいる」 映画「ねこあつめの家」に出演

映画「ねこあつめの家」でペットショップの店長役を演じた木村多江さん

 女優の木村多江さんがペットショップの店長役で出演した映画「ねこあつめの家」(蔵方政俊監督)が全国で公開中だ。スマートフォン用ゲームアプリ「ねこあつめ」をモチーフに実写映像化。映画は、スランプになった若手作家・佐久本勝(伊藤淳史さん)が移り住んだ田舎の古民家に猫が集まってきて、一緒に過ごして癒やされているうちに生き方を見つめ直す……という展開で、木村さんは佐久本の移住先のペットショップ店主で猫の生態に詳しい寺内洋子役を演じている。木村さんに、最近気になるファッションアイテムや女性が輝き続ける秘訣(ひけつ)などについて聞いた。

 ◇累計2000万ダウンロードのアプリ「ねこあつめ」を映画化

 映画「ねこあつめの家」は、2014年10月にリリースされ、累計2000万ダウンロードを記録したスマートフォン用ゲームアプリ「ねこあつめ」を実写化。主人公は若くして新人賞を受賞し、一躍人気作家となったが現在は大スランプ中の小説家、佐久本勝(伊藤さん)。担当編集者の十和田ミチル(忽那汐里さん)は、そんな佐久本を励ますが、逆に佐久本を苦しめるだけだった。ある夜、佐久本は不思議な占師から予言を受け、おかしな不動産屋(大久保佳代子さん)の勧めで、多古町という片田舎の古民家に移り住むことを決める。場所は変われど暮らしは変わらず、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると、1匹の猫がふらりとやってくる。ほどなくして猫は庭から出て行ってしまうが、どうしても猫が気になる佐久本は、 ペットショップの店主・洋子(木村さん)からアドバイスを受けて猫が来やすい庭作りを始める……というストーリー。

 ◇ピンクのファッションが気になる

 木村さんは最近気になるファッションとしてピンクのアイテムを挙げる。取材日もピンクのワンピースだったが、「なかなか普段こういう派手なピンクを着るのは勇気がいるけれど。年々どこか女性らしさをキープするのが難しくなってきて、何か“男らしさ”が前面に出やすくなっていて(笑い)。そのためにもピンクを着るのはいいかなと思って。私服ではもっと淡い色が多いですけれど、もともと好きな色なので……」とジョークを交えつつ語る。

 ファッション小物についても「色ってメンタルにすごく影響するので、元気がないときは赤や黄色のポーチやバッグなどを持つとパワーが出ますね」と色に助けられる面も多いと話す。

 形は「プリーツスカートをはきたいなと思いますけれど。今回のような膝丈は私、普段はあまりはかないですね。普段はもうちょっと緩めが好きなので(笑い)。丈ももう少し長い方がいいかな」と自然体でいられるスタイルの服を好んで着ている。

 ◇旅行は無計画に現地に飛び込む

 長い休みがあったら「旅行に行きたいです。海外に行きたいな。休みの長さにもよりますけれども、休みが1カ月あったらヨーロッパなど遠いところに行きたいですね。南アフリカも1回行って楽しかったので、もう1回行きたい。あと、キューバも今のうちに行っておきたいなと」と思いをはせる。

 旅に出ると「結構、無計画で行きます。だいたいこんなところがあると(現地に関する知識を)頭に入れて、現地の観光センターに行って、そこで調べて予約して」と旅先では自由に楽しむようにしている。「現地の人や外国人しかいないツアーに参加するともちろん言葉も頑張らなくちゃいけないし……。自分にとって、楽をしない方法を選びますね」と現地で存分に楽しむようにしている。

 ◇10年後も能動的に動いていたい

 そんな木村さんに10年後、どうなっていると思うか想像してもらうと「多分、相変わらずお芝居を頑張って。家庭も頑張って、能動的に動いていたいですね」と前向きに語る。

 最後に、女性が60代、70代でも輝き続ける秘訣があるとしたら? 「未知の世界ではあるんですけれども、先輩たちで輝いている人は、今、置かれている状況とか人生をものすごく楽しもうとされて、しなやかに過ごしてらっしゃるので、そんなふうに自分もなれたらいいなと思いますね」と穏やかだが凜(りん)とした口調で語った。

 <プロフィル>

 きむら・たえ 1971年3月16日生まれ。東京都出身。舞台女優として活動後、96年に「炎の消防隊」でドラマデビューを果たす。初主演映画「ぐるりのこと。」(2008年、橋口亮輔監督)で第32回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞ほか数多くの賞を受賞。主な出演作に「沈まぬ太陽」(09年、若松節朗監督)、「ゼロの焦点」(09年、犬童一心監督)、「東京島」(10年、篠崎誠監督)、「MY HOUSE」(12年、堤幸彦監督)、「夢売るふたり」(12年、西川美和監督)、「くちびるに歌を」(15年、三木孝浩監督)、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16年)、「バースデーカード」(16年、吉田康弘監督)、「金メダル男」(16年、内村光良監督)、「幸福のアリバイ~Picture~」(16年、陣内孝則監督)、「RANMARU 神の舌を持つ男」(16年、堤幸彦監督)などがある。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事