森友学園 民事再生法申請、籠池町浪氏“誠に申し訳ない”

 大阪の森友学園は21日、民事再生法の適用を大阪地裁に申請し、籠池泰典氏の長女で新理事長の籠池町浪氏が会見を行いました。
 「当学園のことでさまざまなご心配と、ご迷惑をおかけしたこと誠に申し訳ありません」(森友学園 籠池町浪理事長)

 森友学園は建設中止になった小学校をめぐって、工事費12億円が未払いになるなど資金繰りが悪化していました。

 「(籠池泰典前理事長の)アドバイスではなく自ら考え、自ら進んでいくために教職員と共に今後の方向性を吟味、よく考えて進んでいきたい」(森友学園 籠池町浪理事長)

 森友学園の負債総額はおよそ17億円に上り、来週25日に債権者集会が開かれる予定です。(21日23:57)


本記事は「TBS」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事