CORSAIR、約1680万色の発色に対応したCherry茶軸ゲーミングキーボード

リンクスインターナショナルは21日、約1680万色の発色に対応したCherry MX RGB Brown(茶軸)採用の6Gキー搭載メカニカルゲーミングキーボード「CORSAIR Gaming K95 RGB PLATINUM MX Brown」および、Cherry MX Red(赤軸)採用の10キーレスゲーミングキーボード「CORSAIR Gaming K63 Compact JP」の取り扱いを発表した。いずれも29日に販売開始する。

CORSAIR Gaming K95 RGB PLATINUM MX Brown

CORSAIR Gaming K95 RGB PLATINUM MX Brown

K95 RGB PLATINUM MX Brownは、Cherry MX RGB 茶軸スイッチを採用したゲーミングキーボード。各キーに独立したLEDを搭載し、約1680万色の発光に対応。ドライバソフトウェア「Corsair Utility Engine(CUE)」を使うことで、バックライトやイルミネーション設定が行える。

本体には航空機グレードの高品質・高耐久アルミニウムフレームを採用し、表面にはヘアライン加工を採用。フレーム側面(背面側)にも、エッジを彩る「LightEdge」イルミネーションを配置する。

機能面では、8MBのオンボードメモリを内蔵し、最大で3つのプロファイルをドライバレスでロード可能。キー配列は日本語で、左側にマクロ機能登録専用のGキーを6個備える。アンチゴースト、全キー対応のNキーロールオーバー、4段階のレポートレート(1000Hz/500Hz/250Hz/125Hz)、マルチメディアキーなども搭載。

インタフェースはUSB 2.0。主な仕様は、キー荷重が45g、接点が1.2mm、本体サイズがW171×D465×H36mm、重量が約1.32kg。対応OSはWindows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10。背面にはパススルーUSBポートを搭載する。価格は税込32,810円。

CORSAIR Gaming K63 Compact JP

CORSAIR Gaming K63 Compact JP

「CORSAIR Gaming K63 Compact JP」は、Cherry MX Red(赤軸)を採用した10キーレスゲーミングキーボード。フルサイズと同等のキーサイズ、レイアウトを備えつつ、10キーレスの省スペース設計を実現した。各キーにはRed LEDを採用し、CUEによりLEDバックライトの独立制御やイルミネーション設定、マクロ機能などを利用できる。

キー配列は日本語。Nキーロールオーバーのほか、100%アンチゴースト、マルチメディアキーどを備える。インタフェースはUSB 2.0。主な仕様は、キー荷重が45g、接点が2mm、本体サイズがW171×D365×H41mm、重量が約1.41kg。対応OSはWindows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事