Firefox 53、Project Quantum取り込み性能向上

Firefox web browser - Faster, more secure & customizable

Mozillaは4月19日(米国時間)、「Firefox faster and more stable with the first big bytes of Project Quantum, simpler with compact themes and permissions redesign - The Mozilla Blog」において、公開した最新のFirefox 53にプロジェクト「Quantum」の成果物を取り込んだと発表した。Windowsにおける安定性が向上したほか、パフォーマンスも向上したとしている。

プロジェクト「Quantum」では、最新のハードウェアの性能を活用することを1つの目標としており、グラフィックコンポジッタをFirefoxのメインのプロセスから分離している。プロセスを分離することで、グラフィック・ドライバーのバグに起因するFirefoxのクラッシュを回避しやすくなったと説明しており、Windowsにおいてはクラッシュの割合が10%ほど低減したと説明している。この機能の効果はWindowsで特に現れている。

Macに関しては、すでにグラフィックコンポジッタが安定していることから、Windowsのようにプロセスを分離しなくても充分安定して動作しているとの説明もある。このバージョンのFirefoxはHTTPS接続にTLS 1.3を使うようになったほか、デスクトップやモバイルの間でタブをやり取りする機能がタブを右クリックすることで実施できるようにもなっている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事