[安達祐実]35歳でまさかのセーラー服姿にスタッフ歓喜 ドラマ「女囚セブン」で

連続ドラマ「女囚セブン」でセーラー服姿を披露している安達祐実さん=テレビ朝日提供

 剛力彩芽さん主演の連続ドラマ「女囚セブン」(テレビ朝日系)に出演する女優の安達祐実さんが、第1話でセーラー服姿を披露していることが21日、明らかになった。安達さんは、剛力さん演じる京都の芸妓・琴音が収監される花園刑務所内で一番の情報屋・坂本奈津を演じており、セーラー服姿を着ている理由は番組内で明かされる。三つ編み姿で制服を着た安達さんは「キツイんじゃない?」「35歳にもなってやばくない?」と尻込みするも、スタッフからは「おおー!」と歓声が上がっていたという。

 「女囚セブン」は、女子刑務所を舞台に、無実の罪で刑務所に入れられてしまう謎多き京都の芸妓・琴音(剛力さん)が、刑務所の女囚たちからの壮絶なイジメを巧妙にかわし、謎が明かされていく……という異色のコメディー。「民王」や「ケイゾク」などを手掛けた脚本家・西荻弓絵さんのオリジナルストーリーだ。

 第1話は、刑務所に収監された琴音がほかの受刑者らと出会う姿が描かれる。新たに花園刑務所に収監された受刑者・神渡琴音(剛力さん)は、生活をともにする“共同室”のメンバーの、政治秘書・楠瀬司(山口紗弥加さん)や、夫殺しの元ヤンシングルマザー・市川沙羅(トリンドル玲奈さん)、遺産目当ての後妻業の女・津田桜子(平岩紙さん)、全身整形の美容整形看護師・矢島千鶴香(橋本マナミさん)、夫を殺した最高齢・平塚うめ(木野花さん)、情報屋・坂本奈津(安達さん)らと出会う。琴音は新人イジメの標的になるが、なぜか奈津は琴音をフォローする……というストーリー。

 ドラマは21日からテレビ朝日系で毎週金曜午後11時15分に放送される(一部地域で放送時間が異なる)。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事