声優・花澤香菜、全国ツアー開幕! 「花澤香菜 live 2017 "Opportunity"」

花澤香菜

2017年2月22日に通算4枚目のオリジナルアルバム『Opportunity』を発表し、シンプリー・レッドのミック・ハックネルをはじめとする豪華作家陣の参加が話題となった花澤香菜が、全国ツアー「花澤香菜 live 2017 "Opportunity"」をスタート。ここでは、初日公演となった4月15日(土)の東京・オリンパスホール八王子の模様を紹介しよう。

オープニングのSEが流れ、ステージ後方のスクリーンに教会の絵が写し出されると、アルバム『Opportunity』の1曲目、「スウィンギングガール」からスタート。イントロに合わせて階段上の扉がゆっくり開き、純白ドレスに身を包んだ花澤が登場すると、大歓声が湧きあがった。最新アルバム『Opportunity』のテーマが"UKサウンド"だったことからか、イギリスのロイヤルファミリーを彷彿とさせるドレスや教会といったモチーフが、作品の世界観を色濃く印象付ける。

続く2曲目はシンプリー・レッドのミック・ハックネル作曲の「FRIENDS FOREVER」。イントロでは「皆さんこんばんはー! 花澤香菜です! 今日は楽しんでいってねー!」と観客を煽る。ホーンセクションが、"ブルー・アイド・ソウル"フィーリングのサウンドに彩りを添える。

そして「改めまして花澤香菜です。花澤香菜 live 2017 "Opportunity"にお越し頂きありがとうございます! 日ごろの事はわすれて楽しんで頂けたらと思います」と短めのMCから、次々に曲を披露していく。

バリエーションに富んだ楽曲で、時にアッパーに時にグルーヴィーに、様々なヴォーカリゼーションで観客を魅了する花澤だが、中でもしっとりとした一面を見せたのが「ざらざら」。11thシングルであり、新海誠監督『言の葉の庭』をきっかけにして秦基博作曲で生まれた一曲として大きな話題となったスローバラードを、切なく歌いあげる。さまざまな表情を見せながら歌う花澤は、ボーカリストとしての成長を強く感じさせる。

印象的なピアノのイントロが始まり、ここからは盛り上げパート。花澤のシングルの中でも最もロッキンで疾走感のあるナンバー「あたらしいうた」。イントロでステージの中央の階段を駆け上がる花澤の姿からは可愛らしさと内に秘めた強さが感じられる。その流れで「星結ぶ時」へと続き、続く「Marmalade Jam」では、赤いマラカスを振りながら、大人っぽく扇情的なパフォーマンスを披露する。

花澤がはけた後、軽快なギターリフからバンドメンバーによるジャムセッションが始まる。会場もリズムに合わせて手拍子したりこぶしを振り上げたりしながらで盛り上げると、バックバンド"ディスティネーションズ"のメンバー紹介。バンマスであり、デビュー以来花澤作品のサウンドプロデューサーを務める北川勝利(ROUNDTABLE)の煽りに会場のボルテージが一層高まっていく。その熱気がピークに達した頃、赤いロンドンチェックのワンピースにお色直しをした花澤が登場する。

地元の人々にとっては親近感のわく八王子にまつわるトークで和やかなムードへリードする花澤。一曲歌った後、次の曲「雲に歌えば」のリズムが響き、「わたし今から踊っちゃうよ!」とはじけたトークから、トゥットゥットゥー♪のパートの振付を披露し、練習タイム。「全然出来てないよー、出来るまで帰らせないよ」という花澤も楽しげだ。「右手をOKのOの手にして、一緒にやってみてね」と可愛らしいダンスを披露。結構な難易度のダンスながら、花澤のレクチャーに対し観客の吸収力もなかなかのもので、曲中でキレイに揃ったダンスが繰り広げられた会場に一体感が溢れる。

そしてライブも終盤へ。ロンドンチェックの衣装をまとって歌うことで、一層UKサウンドのアプローチを強く印象付けられる。そして、15曲目「Blue Water」。ミト作曲による、花澤香菜の声の魅力を存分に堪能したのちに、EDMでトリップさせる一曲で本編が終了。 夢見心地のような余韻に包まれる会場から、アンコールの声が湧き上がる。

その声に応えて、メンバーと花澤が再登場。ピンクのワンピースに着替えた花澤香菜と、ツアーグッズのTシャツやYシャツを纏ったバンドメンバーが登場する。アンコールでは過去曲から3曲を披露し、歓声に応えながらはけていく花澤香菜とディスティネーションズ……しかしながら、またしても沸き起こる声に、なんとWアンコール! 最後の一曲は会場中が大合唱で、ステージセットも、衣装も、楽曲も、色とりどりに花澤香菜の魅力に溢れたライブを締めくくった。

「花澤香菜 live 2017 "Opportunity"」は今後、5月6日(土)に愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール、5月13日(土)に宮城・電力ホール、5月21日(日)に大阪・オリックス劇場、6月4日(日)に千葉・市川市文化会館 大ホール会場で開催される。各詳細は公式サイトにて。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事