Google、足かけ2年の最新Google EarthをChrome版で

新しくなった Google Earth へようこそ(公式ブログ)

Googleは現地時間18日、同社公式ブログで新しくなったGoogle EarthをChrome版として公開したことを発表した。Android版は今週ロールアウトし、iOSおよびその他のブラウザ向けは今後追加する予定だとしている。

開発に2年の歳月が費やされたという新バージョン。新しく追加された3Dボタンは、あらゆる場所をどの角度からも立体で眺められる。ブログではグランドキャニオンの上空やフランスロワール渓谷のシャンボール城などを例に挙げており、Google Chromeでリンクをクリックすると美しい立体で表示される。

思わずいろんな建物を巡りたくなるが、「舵」のマークのVoyageボタンからは科学者や専門家など世界屈指のストリーテラーたちが作った動的な解説を巡ることが可能だ。公式ブログでは、島や山、ジャングルなど異なる自然環境とその場で暮らす野生動物について学べるBBC EarthのNature Treasuresやセサミストリートのキャラクターと世界を巡れるGirl Muppets Around the Worldなどを例示している。

BBC EarthのNatura Treasuresでは、ユキヒョウとも出会える(同社公式ブログより)

サイコロマークの新しい「I'm feeling lucky」には、20,000を超す目的地が用意されており、目的の場所へと家に居ながらに"ぶらり"と旅立てる。公式ブログでは、ミラノはスカラ座のオペラハウス、山形の蔵王温泉を挙げている。

Google Earthユーザーを長らく見てきたGoogle EarthプロダクトマネージャーであるGopal Shah(ゴパール シャー)氏は、多くのユーザーが最初に自宅を検索することを述べ、地球環境について考える日であるアースデイ(4月22日)を前に、私たちが世界における自らの居場所を理解し、繋がる手段が「ホーム」であることに気付いたという。「This is Home」という伝統的な家屋を巡る特別なVoyageストーリーを紹介している。まだ少ないストーリーだが今後も追加していく予定なので定期的にチェックしてほしいとのことだ。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事