『聖闘士星矢』アンロドメダ瞬が立体化、ネビュラチェーンのさまざまな形態を再現

2017年8月発売「D.D.PANORAMATION 星雲鎖 -アンドロメダ瞬-」(4,320円/税込)

車田正美原作のアニメ『聖闘士星矢』より、青銅聖闘士の一人であるアンロドメダ瞬が、バンダイが展開するジオラマとともに楽しむアクションフィギュアシリーズ「D.D.PANORAMATION」で立体化。「D.D.PANORAMATION 星雲鎖 -アンドロメダ瞬-」として2017年8月に発売されることが決定した。価格は4,320円(税込)。

「D.D.PANORAMATION」は、フィギュア本体の全高が約100mmと小型で集めやすいサイズながら、アクションフィギュアとしての可動域、交換用表情パーツや武器など付属アイテムによって高いプレイバリューを実現。さらに、別売りの同シリーズ商品と組み合わせることで、劇中の印象的なシーンをジオラマとともに再現することができる人気シリーズ。

「D.D.PANORAMATION 星雲鎖 -アンドロメダ瞬-」では、「ネビュラチェーン」の攻撃・防御・かまえなどを表現するエフェクト全5種が付属。通常状態(左右)、必殺技サンダーウェーブとローリングディフェンスに加えて、相手を拘束している状態を再現できる。交換用表情パーツ2種、マスク非装着用髪(前後)、交換用手首左3種・右2種も同梱される。

(C)車田正美/集英社・東映アニメーション

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事